スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドマイヤムーンにゴドルフィンが40億円オファー!驚きです!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070717-00000000-nks-horse

以下ヤフーニュースから引用
 世界最大の馬主軍団ゴドルフィンがアドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博)獲得に乗り出し、40億円の巨額トレードを近藤利一オーナーに申し入れたことが16日、明らかになった。条件には種牡馬だけでなく、競走馬としての権利も含まれる。今月中にも合意に達して海外へ移籍。ロイヤルブルーの勝負服で飛躍する。
 仰天のトレードマネーが、ゴドルフィンを率いるシェイク・モハメド殿下から提示された。アドマイヤムーン獲得のために用意された金額は40億円。近藤オーナーに対しては、6日に正式な申し入れがなされた。日本競馬史上、海外からこれだけ巨額のオファーを受けた馬はいない。
 アドマイヤムーンは今年3月、ドバイデューティフリーで持ち前の瞬発力を発揮し快勝。さらに香港のクイーンエリザベス2世C3着、宝塚記念1着と、世界のG1で好走を続けたパフォーマンスが高く評価された。獲得の条件には、種牡馬としてだけではなく現役競走馬としての権利も含まれる。トレード成立の暁には、海外で競走生活を続けることになる。移籍先は専属契約を結ぶ英国のサイード・ビン・スルール厩舎が有力とみられる。
 01年にステイゴールドがドバイシーマクラシック(G2)を勝ち、06年にはユートピアがゴドルフィンマイル(G2)、ハーツクライがドバイシーマクラシック(G1)を制するなど、日本馬はドバイで存在感を示してきた。レベルアップを強く認識しているゴドルフィンは昨年、ユートピアを400万ドル(当時のレートで約4億6000万円)で獲得。今年のケンタッキーダービー馬ストリートセンスを60億円、同2着ハードスパンを24億円、英ダービー馬オーソライズドを36億円(いずれも推定)で種牡馬権利を得ているが、今回の評価額40億円は、権威ある米英のダービー馬に匹敵する。飛躍的に強くなった日本馬が、世界でも一流と認められた証しだ。
 既にゴドルフィン専属の獣医師が来日し、宮城・山元トレセンに放牧中のアドマイヤムーンの馬体検査を終えた。あとは近藤オーナーの決断を待つばかり。早ければ今月中にも合意に達する。

えっゴドルフィンにトレードですか!?このまま日本の所属したまま活躍して欲しいです。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
オススメ情報

ブログ運営情報

競馬動画太郎

Author:競馬動画太郎

★メールフォーム★

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログはリンクフリーです♪もちろん【相互リンク・RSS】も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください♪
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。