スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放牧中サンツェッペリンが帰厩が遅れることになりました

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070817-00000004-nks-horse

以下ヤフーニュースから引用
サンツェッペリン(牡3、斎藤誠)はダービー4着後、北海道日高町の加藤ステーブルで英気を養った。春の疲れもすっかり取れて、18日には美浦トレセンへ帰厩。その後は、9月上旬に栗東入りして、9月23日阪神の神戸新聞杯(G2、芝2400メートル)から、10月21日京都の菊花賞(G1、芝3000メートル)へ向かう青写真が出来上がっていた。そんな矢先のインフルエンザ騒動。JRAの指示があるまで帰厩することができず、神戸新聞杯を使えるかどうかは微妙な状況だ。仮に1カ月近く帰ってこられなければ、前哨戦の回避はもちろん、本番ぶっつけの可能性も出てくる。斎藤誠師は「帰厩させることができないので、そのまま加藤ステーブルに置いておく。いつまでこの状況が続くか分からないのではっきりしたことは言えないが、本番前のローテーションが変わることになるのでは」と困惑気味に話した。
 牧場との移動解禁のタイミングについて、JRAの仁岸馬事部長は「次の発生がなくなる、感染の広がりがなくなるなどが禁止解除の基準になると思う。農水と話し合って基準をつくっていきたい」と語っている。インフルエンザ自体、個々の馬については高い発熱の後2~3日で回復に向かうケースが多いが、集団でとらえた場合には終息のタイミングを見極めるのは難しいという。いずれにせよ先の見えない状況であることには間違いない。

たった今JRAから今週の18.19日の中央競馬が競馬開催中止を発表しました。馬インフルエンザ発生のためです。
う~ん残念っていうかこれ以上感染が広がって欲しくないですね。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
オススメ情報

ブログ運営情報

競馬動画太郎

Author:競馬動画太郎

★メールフォーム★

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログはリンクフリーです♪もちろん【相互リンク・RSS】も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください♪
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。